建築トラブルはどうして起きるのか

建築トラブルはどうして起きるのか

マイホームを建てる時には多くのメリットがある反面、住宅の契約や交渉のトラブルも少なくありません。土地を今から探して購入する方だけではなく、既に土地を手にしている方でも思わぬところでトラブルに発展する可能性があります。トラブルに繋がる原因をご紹介します。

手抜き工事や欠陥住宅

経験の浅さや職人の高齢化、熟練された職人の減少など、建築に関するトラブルは多くあります。それは、トップの職人が指示している事にミスが出ているか、トップがいなくなった事によって意思の疎通や情報交換の連携が上手くとる事が出来ずに、ミスや欠陥住宅を作ってしまうケースです。防ぐ事の出来る欠陥住宅は、購入者にとっては大きなショックとダメージとなります。

いくらお客様自身がマイホームに計画的であっても、業者側に不備があっては困ります。欠陥住宅や手抜き工事が起こる原因のほとんどが、現場の経験不足や熱意の無さ、コミュニケーションを十分にとる事が出来ずに結果として欠陥住宅を引き起こしているのです。

一番トラブルに繋がりやすい場所は、やはり水周りです。水周りや排水溝の水漏れ、不十分な換気、断熱材の不足で壁が腐って剥がれ落ちむき出し状態になる場合もあります。トイレやキッチンなどは毎日使用する場所ですので、トラブルが起こると生活にも支障を来してしまいます。

契約上のトラブル

設計図と異なった建物が出来たり、事前に合意の無い追加工事料金を請求されたりする事が原因でトラブルになる事があります。先に最終総合金額を提示してもらう事が大切ですが、お客様の中にははっきりという事が出来ず、話をはぐらかされるという事もあります。また、施工が終わった後にクレームをつけても、プランに含まれている、取り外すにはさらに追加料金が発生するといった悪質といえるような事例も存在します。

事故やトラブルを防ぐ事で、二次災害への繋がりを避ける事が出来ます。建築会社選びや融資会社の選択、土地選びなどをスムーズに建設を進める為に、建築相談を依頼してはいかがでしょうか。

建築コンサルタント事務所の弊社では、商談代行土地探し、交渉、情報提供など、お客様のサポートをおこなっています。情報を知り尽くしているプロに建築相談をする事でトラブルの回避に繋げる事が出来ます。栃木県小山市で建築相談が出来る事務所をお探しの方は是非弊社へご相談ください。