建築プランに取り入れたい住宅の快適性

建築プランに取り入れたい住宅の快適性

せっかくのマイホームですから、住み心地には十分なこだわりを持って家づくりに取り組みたいものです。
夢の大空間を実現するための秘訣、それは室内の温熱環境や通気性・日当たりを味方につけることです。

適切な温熱管理

快適性を握る鍵は室内の温度管理にあります。日本の気候は凍るように寒い日もあれば汗ばむ暑い日もあり、一年を通してエアコンが欠かせません。
しかしエアコンは便利な反面、時として体温調節が難しくなったり、急な温度差による健康被害を招く存在でもあります。特に高齢期を迎えると、ヒートショックや脳卒中を引き起こすケースもあるため、使い過ぎには注意する必要があるでしょう。対策としては、気密性と断熱性のレベルを上げた住宅にすることです。

気密性・断熱性が高くなれば夏も冬も少しの冷暖房使用で快適な室温を保てます。
部屋間の温度差、上下の温度差、屋内外の温度差、季節ごとの温度差が解消され、家中いつでも心地良い空間の中で過ごすことが出来ます。

日当たりや通気性

周辺住宅との距離が近すぎて空気の流れが悪い、大きな建物が邪魔して自然採光が困難・・・。このような問題点は、カビの発生や病気(シックハウス症候群)のリスク、部屋の明暗や洗濯物の乾き具合に影響を与えます。良い空間をつくり出すためには、日当たり・通気性の確保をする必要があるでしょう。

光と風を上手に取り入れた家にすることで、快適さと省エネ性の両方が叶えられます。一番のポイントとしては、太陽と空気の入り口となる窓の設置でしょう。物件の方角や周辺環境によって左右されるので一概にはいえませんが、基本としては、①高い位置に窓を設置すること(室内の奥まで優しい自然光を届けてくれる)、②複数面に窓を設けること(取り込んだ風を効率的に家の中に通すことができる)により、これは換気や通風にも有効といえます。

建築に関するお悩みなら、ぜひ弊社までご相談ください。栃木県小山市に所在する弊社では、建築コンサルタントとしての豊富な実績に基づき、快適性を飛躍的に向上させるためのアイデアをご提案しております。
土地探しの段階から建築計画・設計、用地交渉商談代行、融資相談までを一貫して請け負います。